英語学習において、どれくらいの習得量や期間で十分な実力が付くのか

今日は、本格的な勉強方法やメソッドを紹介する前に、これからある程度の覚悟を持って英語に取り組んで頂くためにも、どれくらいの習得量や期間で十分な実力が付くのかについて、お話しします。
これは勿論、個人差や、前回の記事で記載した、英語習得の目的やどの程度のレベルを目指すかにもよります。
しかし、個人的な見解では、かなり勉強熱心で、上達の早い人でも6ヶ月位は必要だと思います。
習得が早い人のよくある例として、毎日ストイックに英語を勉強することを前提にし、既に英語以外の言語(特に英語と近親のゲルマン語族やラテン言系のルーツを持つ言語)をマスターしてる方、若くて物覚えの早い方等が該当します。
また、必要な習得量に関しては、目安ですが以下の通りです。
1.中~上級クラスの参考書籍3~5冊分をほぼ完全に理解している。
2.参考書籍の内容を見ないでも、書かれている概要を英語で話してくれと言われても、半分くらいは発話、説明できる。
3.付属の音源をノーマルスピードで再生しながら、8割方シャドウイング(再生された音源を追いかけながらソックリ真似して音読する)が出来る。
これを満たせると、十分な実力がついていると判断できます。

なので、これから英語学習を始める人は、最短でも半年はかかると覚悟を決めて取り組みましょう!

~とても参考になる資料!~
10分で分かる!あなたがやるべき英語学習法http://eigogaku.com/

このサイトは、私の知人でもある方が、英語学習者のために作成していますが、彼の実体験に基づいているので、学習者にはとても有益な情報ばかりです。
彼は、流暢な英語を話せるようになるまで、3年かかったと綴っています。
また彼は、日本国内独学で英語を習得しましたが、リンク先のYoutube動画にもある通り、見事な発音と流暢な英語を話しますので、チェック頂けると幸いです。
それでは、次の記事でお会いしましょう!

この記事へのコメント